クラウドクレジット、ペルー小口債務者案件(11.1%)に投資してみた

 

先日、クラウドクレジットの3周年記念セミナーに出席しました。

ケーキをごちそうになったので(笑)、違いました。
この会社の理解がまた少し深まったので、10万円×2案件=20万円分追加投入しました。

これで、クラウドクレジット分は50万円になりました。

 

クラウドクレジット5案件50万円

 

ソーシャルレンディング投資は分散投資で10万円まで

基本、どの会社の案件でも、10万以上は買わないようにしています。
手持ち資金はありますが、ソーシャルレンディング会社、案件、時間軸をずらして分散するようにしています。

クラウドクレジットで、今回購入した案件は以下の通りです。

クラウドクレジット購入案件
  • ペルー小口債務者支援プロジェクト41号 小口分散 10万円
  • 【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド12号 10万円

 

ペルー小口債務者支援プロジェクトとは

ペルー小口債務者支援プロジェクトは、配分方法が元利均等なので、いつか投資しようと考えていました。
3周年セミナーに参加して、ペルー案件に理解が少し深まり、ペルー小口債務者支援プロジェクトに投資しようと思いました。

いやいや、現在のところ、安定的な配当で、社会的な貢献度も高い商品です。

ペルー小口債務者支援プロジェクトに興味のある方は、サイト一新したクラウドクレジットのホームページからご参照ください。

ファンド情報⇒ペルー⇒ステータスの募集中です。

募集中をクリックすると、詳細情報があります。

まずは、お金の流れを理解してください。「基本データ」、「商品スキーム」でまずは概要を確認します。
また、「主なリスク」も必ず、確認しておくことが大事です。

 

 

「商品紹介」で杉山社長のあいさつも掲載されています。

赤線が引いてあるところが、注目した点です。

 

  • 実績のあるファンド
  • 安定したパフォーマンス
  • 社会的リターンを提供する

 

 

この投資はペルーの悪徳取り立て業者から小口債務者を守る、社会的意義についても書かれています。
社会的意義もあって、投資利回りもよければ、投資したくなりませんか。

ワタシ、通常、クラウドクレジットのセミナーに参加してもあまり話聞いておりません。
3周年のイベントで今回初めて、ペルー案件の仕組みを少し理解しました。

現状では、ペルーの小口債務者案件は順調に推移している案件です。今後も保証があるわけではないですが、この案件に資金を投入してみました。

 

ペルーの債権回収業者のコブランザスも900人以上のオペレーターがいる大きな会社です。コブランザスの女性代表は弁護士で女性の地位向上にも尽力しているようで、その点も気に入りました。

単なる情緒的な判断でなく、ペルー案件はクラウドクレジットの第1号案件です。また、今まで問題なく返済されていることなども考慮して
預け入れしました。

投資家紹介でもペルー案件のみで、10数パーセントの利回りを達成している年配者の紹介もありました。
満期一括返済でなく、元利均等方式・毎月分配で少しづつ返金される仕組みもリスクが毎月減るようなイメージなので、悪くありません。

ペルー案件に20万円投入することも一瞬考えましたが、基本分散投資原則から外れるので、ペルーとロシア案件にしました。

ロシア案件に投資した理由は、後日紹介します。

以上、クラウドクレジット、ペルー小口債務者案件(11.1%)に投資してみた…でした。

以下の記事もご参照ください。

クラウドクレジットの評判はこちら