クラウドクレジットの評判がいいところ、怪しいところ、【本当】は?

クラウドクレジットの評判ってどうなの?

クラウドクレジットは2014年に設立して、まもなく3年を迎えます。実際の評判はどうなんでしょうか?

クラウドクレジットの評判がいいところ

 

 

 

クラウドクレジットが怪しいところ

クラウドクレジットの利回りが怪しい

日本人の常識的な考えに基づけば、利回りが10%超えるのは、怪しいと思えて当然です。

しかし、クラウドクレジットのホームページやソーシャルレンディングの知識がつけば、不思議ではありません。
国内と海外では事情が違うのですから。

ただし、利回りが高いということは、それだけリスクも高いのです。
今まで、元本割れがないからと言って、起こらない保証はありません。シッカリと分散させましょう。

 

クラウドクレジットは赤字

今年の1月のセミナーでは赤字と言っていました。2017年度に黒字化を目指すということ。
伊藤忠商事を始めとした大手企業のバックアップがあり、会社の運営体制は投資家から評価を得ています。投資金額、口座数も順調に増えているので、早晩、黒字になるのではないでしょうか。次回のセミナーで機会があれば、直接役員に聞きます。

 

クラウドクレジットの貸し倒れ

2017年5月末現在、貸し倒れはありません。

クラウドクレジットの元本割れ

元本割れのリスクは為替変動であります。

クラウドクレジットの遅延

遅延は発生しています。欧州3か国個人向けローンファンド(ハイイールド型)やカメルーン中小企業支援プロジェクトなどで遅延が発生しています。担保の回収などで最終的にはどうなるのか、まだ決まってないようです。

以上、クラウドクレジットの評判、いいところ、怪しいところでした。

実際に預けたお金が減るリスクは為替リスクです。ヘッジされている案件を選ぶなど、リスクを分散、分散ですね。
悪い話は尾ひれがつくので、私は信用しません。特にネット、2chの噂話は特にです。

 

クラウドクレジットの評判まとめ

ネット上の検索では「クラウドクレジット 怪しい」、「クラウドクレジット 貸倒」、「クラウドクレジット 元本割れ」、「クラウドクレジット 遅延」、「クラウドクレジット 赤字」などの否定的な検索ワードが並びます。

これはあくまで、検索させるためのワードであって、実情ではありません。(笑)
クラウドクレジットの評判はいいです。悪いことを探すのに苦労をするぐらいです。評判にいい理由は、上記に説明した通りです。

  • 経営者の思想が見える、ビジョンが明確
  • 会社全体の金融スキルが高い
  • 情報開示に積極的に取り組んでいる
  • 利回りが高い(業界NO.2 17年5月時点)
  • 海外案件に特化
  • 社会貢献理念
  • 業務拡大路線(新卒社員募集)

 

 

以上の理由から、私のソーシャルレンディング分散投資の主力はクラウドクレジットです。

杉山社長の卓越した金融知識でソーシャルレンディング業界をさらにけん引してほしいと願います。

クラウドクレジットの評判はすこぶる良好です。

クラウドクレジットの詳しい内容はコチラ⇒https://crowdcredit.jp/