maneoの評判はどう? セミナー出席でわかったこと

maneoのセミナー概要

 

maneoのセミナーは2017年3月21日、東京国際フォーラムで行われた説明会に出席しました。

maneoは日本ソーシャルレンディング業界のトップとして、扱い金額もシェアもTOPです。
今後も、その地位は揺らぐことのない、会社だろうと思います。

2017年に入って、月1回から2回、maneoグループのソーシャルレンディング会社とともに合同説明会を開催しています。

投資家のすそ野を広げる意味でも、さらに説明会の回数を増やして、ソーシャルレンディング市場を広げることがトップ企業・maneoの使命です。

概略は以下の通りでした。

◇開催日 2017年 3月 21日(火)19時から約1時間30分◇説明会の主な内容
■マネオに関するご説明
■アメリカンファンディングに関するご説明
■さくらソーシャルレンディングに関するご説明
■キャッシュフローファイナンスに関するご説明
■質疑応答

maneoのセミナー感想

短い時間の中に複数社の内容を聞いたので、充実感がありました。
maneoに関して言えば、ソーシャルレンディングの収益構造の話だけでなく、プラットフォームを共有するmaneoグループ会社の話からファンド説明もあるので、バリエーションがあります。

今回で言えば、アメリカンファンディングの関する説明がよかったと思いました。アメリカの不動産市況が安定して進捗していることがわかりました。視野が広がった気がします。
アメリカンファンディングも利回りがいいので、今後投資を検討します。

maneoのセミナーで気がついた点

資料の配布が欲しかったです。資料を配布した会社があれば、ない会社もありました。一般的にこのような説明会で資料配布がないのは不親切かなと。生意気なようなことかと思いますが、ご検討ください。

セミナーの内容は良かったし、自分でセミナーの内容をメモったので、生かしていきたいと思います。

結局、セミナー開催後投資するかどうかは、セミナー出席の印象もありますが、紙の資料をあとで確認して、口座開設のため、PCに向かうことも多いのです。
ホームページに載っていない情報などがあると助かります。

 

maneoのまとめ

maneoのよさは、募集金額が大きいこと。情報開示に優れていること。安定していることです。
投資案件が豊富なので、共同セミナーも大事でしょうが、単独で深い内容のセミナーと今後の会社方針(上場など)を説明していただけるとさらに投資意欲が増します。

  • 日本最初のソーシャルレンディング会社。2007年創業、2008年ファンド開始。ノウハウがある。
  • 2011年4月以来、事業者に対しての元本毀損がない。
  • 総取扱額も日本一、640億円越え。
  • 口座数42000件以上。毎月口座数増えています。
  • GMO証券と提携しさらに発展中。
  • 業績の情報開示に積極的。
  • プラットホームを同業他社に解放中。ここからも収益

以上、maneoの評判はどう? セミナー出席でわかったこと…でした。

ソーシャルレンディング他社のセミナー評判はこちらです。ご参照ください。

OwnersBookのセミナーに参加してヨカッタ!あなたもゼヒ!

OwnersBookのセミナーとは

2017年度に入って、OwnersBookのセミナーは

[ip5_ornament design=”bg-deco-postit3″ width=””]

  • 4月12日(水)
  • 5月10日(水)
  • 5月31日(水)

[/ip5_ornament]

と頻繁に開催されています。
私がOwnersBookのセミナーに参加したのは、2017年3月15日(水)。

その時と内容は同じかどうかわかりませんが、メールに来た案内を見る限りでは、そう内容は変わっていないと思ってます。
これから、OwnersBook口座開設を考えられている方に、参加した体験談を書きますね。

 

 

OwnersBookのセミナーに参加してわかったこと

ホームページでも、かなりわかりやすくOwnersBookの内容が詳細に書かれています。私は特に、「1万円からはじめる不動産投資ブログ」が好きです。不動産投資の基礎なので、内容は堅めですが、比較的わかりやすく書かれています。

OwnersBookや他の不動産特化型ソーシャルレンディングに投資する前に、一通り読んでおくとソーシャルレンディング投資の不安感が若干薄らぎます。また、OwnersBookの物件選択が理にかなっていることが理解できます。

セミナーの基本的な説明はホームページの内容を掘り下げた内容です。
ですので、私のブログ以上のOwnersBookの詳細を知りたければ、OwnersBookの公式サイトをご覧になってください。⇒OwnersBook

私は、自分の肌で感じたものを書いていきます。

OwnersBookセミナー概要

[ip5_ornament design=”bg-deco-paper3″ width=””]

  • 初心者コース 20名
  • 経験者コース 5名

[/ip5_ornament]

私は経験者コースに参加したので、初心者コースの内容はわかりません。

 

私の参加は経験者コース

  1. ロードスターキャピタル株式会社およびOwnersBookの概要説明
  2. 座談会形式の質疑応答

19時開始の会でしたが、3月中旬の19時はまだ暗く、場所を探すのに戸惑いました。幸い、案内の方がいたので問題はなかったのですが、大通りの裏手になります。都内の地理が不慣れな方はやや早めに行ったほうがいいでしょう。
写真の銀座ワコーから歩いて4、5分でしょうか。

交通費の問題がありますので、遠方の方はともかく、ソーシャルレンディング投資に興味がある、OwnersBookの口座開設を検討されている方は、参加されたほうがいいでしょう。

 

印象に残ったフレーズは以下の通り

[ip5_coloredbox color=”colored-box–blue” width=””]

  • プロの不動産投資家が満足する水準の投資案件を個人投資家に提供していく
  • ローンの貸付は不動産評価額の80%
  • 掲載する案件は自社評価+外部評価
  • 投資家のみなさまが10戦10勝できることを目標に堅実な運営を心掛けています

[/ip5_coloredbox]

上記のことはつまり、お金を貸すときは最大でも物件の8割しかお金を貸さない。不動産の評価も自分たちだけでなく、さらに第三者に鑑定させるよ。皆さんが納得できる物件を紹介しますよ。投資家には、迷惑かけないように頑張ってますよ。そんな感じでした。

石橋をたたいて割って、さらにコンクリートで固めたような堅い不動産案件の話でした。
このような対応でも、何が起こるかわからないのが、金融業界だと思っています。

でもここまで説明されたら、国内不動産案件ならOwnersBookだと思っちゃいますね。

 

OwnersBookのセミナー参加してよかったこと

ボールペンもらいました(笑)
値段はわかりませんが、ボールペンにありがちなぼた漏れもなく、非常に使いやすいです。

「セミナーでわかったこと」が「セミナーでよかったこと」とほぼ同意語です。
経験者コースはかなり近距離でのセミナーなので、執行役員であるセミナー講師の息遣いや熱量もわかります。
熱心に率直に飾りきなく、お話ししてくれて、感じの良かったセミナーでした。

取り繕った説明はどこかでボロがでるものですが、まったくおかしな印象はありません。

不動産の市況も今後どうなるのか、誰もわかりません。
ロードスターキャピタル社内でも、今後の不動産動向は、意見がわかれていると言ってました。

なので、ソーシャルレンディング投資をする場合、他の会社よりはかなり堅めに商品開発をしているOwnersBookのことを推したいです。

会社の概要を把握して、案件の内容にたいした差がなければ、最後は人に投資します。
これだけで、セミナーに参加した意義がありました。

OwnersBook

OwnersBookのセミナーに参加して悪かったこと

感じ悪い社員が多いな、会社の雰囲気暗いな、とかあれば、何か書けるのですが、私はありませんでした。
セミナーに参加して悪い点はなかったです。

 

OwnersBookのセミナーまとめ

今後も、即日完売の案件が多くなるので、いつでも投資できるように口座開設の準備だけはしておきましょう。

毎日、毎週、ソーシャルレンディング各社から新規案件のメールが来ます。年利回りが10%以上も案件もあります。
利回りに目が行きがちですが、多方面から案件を分析しましょう。

まずは、ソーシャルレンディング会社の健全性です。金融当局から行政処分の対象になるような行為をしていないか、です。

これは、我々には、なかなかわかりません。
しかし、「怪しいかな?」「大丈夫かな?」と思わせるソーシャルレンディング会社があれば、その会社にはどこかスキがあるはずです。
綻びが見えた会社には選びたくありません。

他の記事で書きましたが、どこかにそのような要素がある会社は、投資してもいつでも引ける金額にするとか、短期間投資にするとか、ディフェンスが必要です。

私にはOwnersBookに関して言えば、不安要素は見つけられませんでした。我が家の資産は私のものだけでないので、勝手に投資できない仕組みになっていますが、OwnersBookにはさらに預入金額を増やしたいです。(笑)

 

最終利回りも見ておくべきでしょう。

OwnersBook案件の予定利回りは、現在4.5%から5%がほとんどです。他の会社と比較して、利回りが悪いように見えます。
しかし、最終利回りをみれば、たとえば、御苑高木ビル 第2回は14.5%になってます。第1回目もほぼ同様です。

早期償還になれば、このような利回りになることもあります。早期償還されたお金は他の案件にまた複利で回せばいいので、現在募集の数字だけでなく、各社の最終利回りも確認しましょう。

 

以上が、OwnersBookのセミナーに参加してよかったことです。

OwnersBookはマネーフォワードとも連携したので、さらに使いやすくなりました。

スマホから不動産投資ができるOwnersBookは「一押し」です。

以上、OwnersBookのセミナー詳細でした。

ソーシャルレンディング他社のセミナーも評判がいいので、こちらも参考にしてください。