maneoの評判は?トラブルや貸し倒れの噂は本当か?

maneoの評判は本当にいいのだろうか?

maneoは2017年6月2日現在、718億円を突破する成立ローンを組み、日本のソーシャルレンディングリーディング会社として、業界をけん引しています。

業界のシェア、実績NO.1です。

その反面、トラブルがあっただの、貸し倒れがかつてあったかのようにネット、2chでは書き込まれているのを確認しました。
調べた結果を書きます。以前は確かにあったようです。今は問題ありません。maneoの口座開設を検討されているかたは、詳しい内容はコチラから⇒口座開設してください。
700億円突破ファンドなど、利回りの良い案件が出ていますので、お早めに準備してください。

評判が良くなければ、成立ローンは700億円も突破しません。評判がいいからこその順調な売上推移、財務諸表の開示です。

ただし、これは個人の感想です。投資の判断は自己責任でお願いします。

 

maneoは怪しいか?

 

maneoは怪しいとは思いませんが、ちょっと直したほうがいいのではと思う点があります。

具体的に言えば、ホームページの代表者のあいさつ文。内容はともかく、素人ブログのような形式です。
項目ごとに分かれてなく読みずらいです。上場企業ではありえないようなノーチェックぶりです。

ほかのページがきちんと整理されているのに、なぜこのページだけが読みづらいのか、理解できません。
社長のあいさつは会社の顔なので、読みやすくするのが当然です。

社長マターだから指摘できないのか、そうであれば会社の将来はありません。

会社はしっかりとしているので、このような細部にも気を配ればさらに良い会社になるでしょう。

 

maneoの案件は安全か?

 

ソーシャルレンディングは元本保証ではありません。maneoに限らず100%の安全はありません。

そのうえで言えば、maneoの元本毀損はないにしろ、回収できない事案の発生報告が2017年3月29日にありました。

 

投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
この度、下記融資案件について、2017年3月28日の元利金の未回収が発生いたしましたので、
対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、投資家の皆様への分配について、以下の通りご報告させて頂きます。

なお、下記対象ファンド以外の全ファンドにつきましては、2017年3月28日の約定返済は回収済みであり、延滞等は発生しておりません。

隠さずに公表することは、企業として当然なのですが、意外とできない場合もあります。

決算報告ができないかつての大企業Tにしても、歴代の社長が隠蔽工作せず、もっと早くに公表していれば
傷口は広がらなかった可能性があります。

結論から言えば、不利益な情報を正しく公表できるmaneoの案件はほぼ安全と言えるのではないでしょうか

 

maneoの貸し倒れ、トラブルとは

maneoに関して言えば、2007年発足当時は個人への貸付もあり、Yahoo知恵袋、教えてgooなどを参照するとクレームもありました。

しかし、2011年以降、個人融資をやめてから元本毀損もなく、個人投資家に不利益を与えていないので、評判が悪いはずはありません。

 

日本最大のソーシャルレンディング会社・maneoの案件に投資できないのであれば、ほかのソーシャルレンディング投資は難しいでしょう。

maneoの貸し倒れはは2011年以降ありませんが結論です。

 

 

 

以上、maneoの評判は、実績からも問題がなく、いいのが結論です。

ただし、リスクは分散させるのが、原則です。
ソーシャルレンディング1案件に大金を投入することなく、会社、案件、投資時期、投資金額を分散させましょう。

利回りが良くても、1案件×100万円はダメです。

10案件×10万円です。長いスパンで見れば、最後はコチラが勝ちます。

 

maneo以外に投資するなら、こちらも参考にしてください。

OwnersBookの評判