OwnersBookのアプリを使ってみた!

OwnersBookのアプリをインストール

1万円からの投資、スマホからの投資をテーマに掲げているOwnersBookのアプリをインストールしました。
20代、30代からのソーシャルレンディング投資のすそ野を広げたいとの意向がOwnersBookにあります。

OwnersBookのアプリは使いやすいでしょうか?

1.グーグルプレイから、オーナーズブックと入力

2.OwnersBookの画面からインストール

 

3.登録完了

4.すでに登録は済ませてあるので、ログイン

 

私のスマホはDMMの格安スマホ。1カ月電話代込みで1,600円から2,500円前後。3G使えるので、これで十分。

さて、OwnersBookのアプリを入れてみた。登録は簡単でした。

 

 

OwnersBookのアプリを入れてわかったこと。

操作性が高まる

アプリダウンロードしてわかりました。使いやすいです。1ページに必要な事項が収まってます。
スマホでは、Webサイトをスクロールしたり、拡大しないと使いたいページにたどり着きません。不便でした。

アプリなら、画面ディスプレイにピタリと収まるレイアウトです。これなら、入金、出金、応募がいつでもどこでも、簡単に楽にできます。

OwnersBookが目指す、スマートフォンで行う不動産投資の意味がアプリをダウンロードすることによってわかりました。

ソーシャルレンディングはこれからの金融業界ですが、使いやすいアプリを開発したり、マネーフォワードと連携したりするOwnersBookの先駆者ぶりがさらに光ります。

アクセススピードが高まる。

どうしても入札したい案件があった場合、WEBよりもアプリのほうが早いです。たとえば、期間が6カ月で利回りが8%の案件があったとします。入札開始時間にアナタは、外出中です。

アプリから入れば、トップ画面にOwnersBookのアイコンが置かれてます。スマートフォン起動後、一度のタップでたどり着きます。ログインして、入札まで、WEBサイトより、早くページを展開します。ストレスがありません。

OwnersBookだけでなく、ほかのソーシャルレンディング会社もスマホアプリが使えるようになると、積極的にスマホで案件入札するかもしれません。

次回はマネーフォワードも使ってみます。

以上、OwnersBookのアプリを使った感想でした。

ソーシャルレンディングの基本についてはこちらをご参照参照ください。