OwnersBookの評判は?

OwnersBookは人気、評判が高まっています。

その理由の一番目は会社の安定性、案件の健全性、担保物件の信頼性です。
以前なら、投資案件は募集開始後2,3日後でも購入できましたが、今では即日完売です。

OwnersBookに口座開設を考えている方は開設までに数日かかりますので、お早めにお申し込みください。

OwnersBookの詳しい内容はコチラ⇒https://www.ownersbook.jp/

 

OwnersBookの評判の良さを詳細に解説

 

OwnersBookの印象

OwnersBookは銀座の一等地のちょっと裏手にある、ソーシャルレンディング運営会社です。

セミナーで1度訪れたことがあります。
将来は銀座の表側で自社ビルを持ちそうな予感を感じさせる、評判の良い将来性のある会社だと感じています。

派手な宣伝はしません。年利回りもほかのソーシャルレンディングと比較して飛びぬけていいわけではありません。

しかし、利回りが4%から14%を確保しています。
案件の即日完売率も高く、投資家の間で信頼性も高いと感じているのは私だけではないでしょう。

ソーシャルレンディング投資するにあたって、まず、あなたが考えなければならないことは運営会社の健全性、安全性です。
決して利回りではありません。
わかっているつもりでも、熱くなるとすぐにこの原則を忘れます。

 

OwnersBookの評判が良い理由

●ロードスターキャピタル、OwnersBookとも不動産金融業界のプロメンバー集団

機関投資家も満足する水準の投資案件を立案する不動産スキルがOwnersBookにはあります。
具体的には、セミナーでお聞きしたのですが、親会社のロードスターキャピタル社員は約30名ほどの会社ですが、不動産のプロフェッショナル集団です。

宅地建物取引資格所有者が13名、不動産鑑定士資格所有者が5名と不動産・ファイナンス関連所有者が多数在籍しています。またその方々の大多数はは投資業務経験者です。

 

●OwnersBookは東京都23区に絞った不動産投資型

 

不動産担保物件は流動性があり、売却できる価値がなければ意味がありません。東京23区に物件を絞っていますので、将来的にも安泰の不動産と言えます。

 

●不動産案件のリスク軽減の徹底化

全案件に不動産担保を設定することはもちろん、融資額も不動産価値の80%に設定されています。また、自社が不動産のプロ会社でありながら、第三者の不動産鑑定士に不動産鑑定を依頼するなど、二重のチェック体制を敷いています。

それが全案件、満額募集完了の商品設計となっています。

 

●不動産案件の可能な限りの透明化

ソーシャルレンディングは金融当局の指導により、投資事業者を公表することができません。非合法な組織に投資することはないにしろ、投資家は不安な要素のひとつです。それをできるだけ解消するために不動産情報を詳細説明の口座情報画面にしています。

 

●OwnersBookオリジナルの企画が目白押し

1.会員限定のSNS

2.OwnersBookのアプリも開発

3.OwnersBookとマネーフォワードが連携

マネーフォワードで他の資産と一括してご自身の最新の資産残高をリアルタイムに確認できる

ほかには他社同様になりますが、以下の項目が挙げられます。

 

●基本的な使いやすさも徹底

  • 他社同様、口座管理料維持料は無料
  • 1万円からの投資が可能
  • 利回り 4から14%前後

 

以上、OwnersBookの評判の良さを解説しました。ホームページと被るところもありますが、できるだけ足を運んだ情報も盛り込むように意識しました。

評判が良くても、時代の波とともに会社がおかしくなる時はなります。不動産動向は日本国策、社会情勢とも大きく影響してきます。

しかし、言えるのは、ソーシャルレンディング運営会社の中ではOwnersBookは安定した案件を創出する会社であるということです。

そして、その会社に投資することは投資家にとってもよいリターンをもたらすでしょう。

 

OwnersBookの詳しい内容はコチラ⇒https://www.ownersbook.jp/