OwnersBook(オーナーズブック)の不動産投資に久々、応募【初心者が気をつけること】

OwnersBook(オーナーズブック)の不動産投資に久々、応募しました。

備忘録の意味もあってブログに書きます。
ソーシャルレンディング中級以上の方には意味のない内容です。

今回で2回目の応募になります。応募した不動産商品はコレ

 

1回目は今年の3月31日でした。

さすがに、応募の仕方忘れていました。(笑)

 

OwnersBook(オーナーズブック)応募のポイント

OwnersBook(オーナーズブック)の投資はゆっくり、案件の詳細を見ているヒマはありません。
事前に物件の内容を吟味して、定刻になれば、即座に応募してください。

OwnersBook(オーナーズブック)の不動産商品は即時完売です。

今回は10分程度の余裕がありましたが、一瞬で応募が終わってしまうケースが多々あります。

定刻になった場合は、パソコン、スマホで即時応募です。

 

  • 事前に不動産商品の案内が出された時点で、商品詳細を読みこなしてください
  • 内容がよければ、事前に入金してください。
  • 定刻(最近は18時)後、すぐに応募
  • 事前に決めた金額を入力(預け入れした最大金額の投資も可能です)。
  • あとはクリックするだけです。

 

OwnersBook(オーナーズブック)応募画面

普段の画面と違い、応募の定刻を過ぎると応募ページがでてきます。

 

 

ワタシ最初、間違えて、1万円で応募してしまいました。

OwnersBook(オーナーズブック)の場合は追加で応募できます。

今回は瞬時に完売にならなかったので、9万円を足しこんで10万円にしました。

申込みご入力フォームは通常出てこないので、ワタシのようなヘマはないようにお願いします。

 

OwnersBook(オーナーズブック)の案件応募は計画的に

 

OwnersBook(オーナーズブック)の不動産案件は月に1本から3本程度です。

入金して、応募し忘れると次回まで1週間、2週間と空いてしまうことがあります。

ほかのソーシャルレンディング会社だと、たとえば、maneo(マネオ)やSBIソーシャルレンディングだと
案件が多いので、すぐに応募できますが、OwnersBook(オーナーズブック)ではできません。

出金手数料を取られるのも(この場合のお金が非常に馬鹿らしいと思うのは私だけでしょうか)嫌なので

次回まで待ちます。

好きな人とのデートを忘れた気分もあり、入金しただけでは利息がつかないので、お金が遊んでしまいます。

 

OwnersBook(オーナーズブック)のアプリは入れておくこと

最近は18時帝国の不動産商品が多いので、

どこにいても応募できるようにOwnersBook(オーナーズブック)スマホのアプリを
いれておくことをおすすめします。

 

ということで2本目の応募ができました。

 

OwnersBook(オーナーズブック)はじめソーシャルレンディング投資は分散が大切

ソーシャルレンディングへの投資はすべて10万円ずつ、会社、商品、商品(海外、国内)、期間を分散させると
決めているので、全部で10数本になりました。

これなら、1本元本割れがあっても、4%前後の利回りが取れると踏んでいます。

アナタも、ソーシャルレンディングのリスクをとって投資しましょう。

 

 コチラをクリックして詳細を確認してください

 

でも、OwnersBook(オーナーズブック)は不動産のプロ会社なので、政府の不動産に対する方針が大幅に変わらない限り
大丈夫だと信じています。

東京オリンピックパラリンピックの2020年以降はちょっと考えます。

 

以上、OwnersBook(オーナーズブック)の不動産投資に久々、応募【初心者が気をつけること】…でした。

こちらの記事もご参照ください。

 

OwnersBook(オーナーズブック)の評判

 

OwnersBook(オーナーズブック)のアプリ